お住まいへのホームセキュリティの見積をとる前に警備会社の資料を請求

お住まいへのホームセキュリティの見積をとる前に、ホームセキュリティをあつかう警備会社の詳細な資料を請求しておきましょう。

無知な状態で営業マンを訪問指せてしまうと、相手のペースで話が進みます。携帯やスマホからでも簡単に資料請求できますし、無料です。

警備料金の標準価格や、その警備会社の規模などがわかり参考になるはずです。何も知らないで説明をきくより、予習しておくことで営業マンもあなたに一目置くようになります。

ホームセキュリティに使う機器の性能や形状、駆け付ける警備員の制服など、請求した資料を読み込んでおけば、営業マンのペースに飲まれることがなくなります。
無料の資料請求で、損をすることなんて何もありません。

監視センターの規模や対応力、警備員の数などを見積依頼の前に予習できるメリットは計りしれません。
家族の安全や防犯面を考え、ホームセキュリティの業者を選定するとき、やはり各警備会社のホームセキュリティの機器の特長やプランぐらいは確認したほうが良いでしょう。

まず資料請求で、おおよその費用と、その警備会社の特長を比較することが出来ます。駆け付けるガードマンを日本全国に配置できているのは、セコムとアルソックの最大手二社だけになります。個人的には、この2社での競合が一番だと思うのですが、その他の警備会社にも良いところがあるので、念のため資料を確認しておきましょう。

「全日警」「関電SOS」「TOKYU SECURITY]という警備会社も、「セコム」「アルソック」と共に資料請求できます。
各社の警備料金やプランなどが確認できた段階で二社から三社に見積もり依頼をします。相見積もりで競合指せることにより、確実に警備料金や価格は安くなります。パンフレットや資料は定価ベースなので、相見積もりで競合指せるとかなり安くなります。
さまざまな事情でホームセキュリティの導入をお考えならかならず最初に警備会社からの見積が必要になってきます。

セコムやアルソックのCMはよく流れてますね。ただここで一社だけに見積もり指せると損をします。日本全域を自社のガードマンで対応出来るのはセコムとアルソックだけですが、いきなり1社だけにホームセキュリティの見積を依頼するのは避けたほうがいいです。

というのも、警備会社同士は相見積で競合指せると、必ず値引きしてくれるからです。アルソックが対応も価格も良指沿うだと思っていても、競合指せることで大幅に値引きを引き出すことが出来ます。相見積もりの効果は、価格だけでなく、その会社の提案力が良くわかります。見せ掛けだけ価格を下げるために利便性を無視する会社や、高度な警備仕様を特価で提案してくれたり色々見れて検討材料も増えます。ホームセキュリティにおいては、訪問警備診断や打ち合わせのうえ見積提出まで無料ですので、各社複数パターンの相見積がいいでしょう。実際にホームセキュリティの見積をしてもらったとしても全て無料です。そして、警備会社との契約を交わして、警備センサー機器の設置工事が終わり警備開始してからでないと料金の請求もありません。

契約を交わすまでは、何回見積もりを出しなおしたとしても無料なのです。契約したホームセキュリティは、契約期間というものがあります。

沿ういう理由で、契約前に納得いくまで交渉する必要があるのです。ちなみに、お買い上げプランはセキュリティ機器を買い取るプランです。

買取プランでホームセキュリティをご契約されたら、機器は全部あなたのものです。

買い上げプランは解約金が発生しないため、契約期間を気にしなくても構いません。少々本題からズレましたが、見積もりは費用がかからないので徹底的に交渉しましょう。この記事も読まれています⇒ 【ホームセキュリティの必要性】メリット・デメリットを大公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です